子どもの洋服サイズを月齢、年齢別に紹介します!


始めて産まれた子供。最初の子供って何を着せるの?また、月齢を重ねるごとにどんどん大きくなっていく子供。

年齢を重ねるごとにどんどん大きくなっていく子供。

洋服のサイズも子供によったら、小さいサイズが入ったり、大きいサイズでないと入らないなどさまざまだと思います。

でも、平均的なサイズが分かっていれば、お店屋さんで悩む必要はありません。

そんな新米ママさんや、独身なんだけど子供が生まれる友達に子供服をプレゼントしたいなんて方もいるかと思います。

では、『子供の洋服サイズを月齢、年齢別に紹介します!』についてまとめてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

月齢0~5ヶ月:洋服サイズ50~70

産まれてきた赤ちゃんの体重によっても洋服サイズは変わってきますが、始めは赤ちゃんが洋服に埋もれるといった印象でした。初めての子供の時は、短絡肌着、長肌着、つなぎのベビー服と丁寧に用意しました。

夏生まれか、冬生まれにもよるんでしょうが、私は基本短絡肌着とつなぎのベビー服の2枚しか着せていない印象です。

赤ちゃんは代謝が良いので、あまり着せすぎると汗をかいちゃいます。

赤ちゃんの状態をみて、外観温度に適した洋服を着せてあげるようにしましょう。

あと、経験上の話ですが、つなぎ服は前開きができるボタンタイプ、チャックタイプがオムツが交換しやすいです。

たまに、かぶせるタイプもあるので選ぶときに注意して選んでみてください。

月齢6ヶ月~1歳頃:洋服サイズ70~80

初めての子供の時は、いつまでつなぎ服を着せるのか分かりませんでした。

ですが、保育園に6ヶ月から連れて行ったわが子は、保育園の先生に教わりました。

6ヶ月頃から上下別々で大丈夫ですと。

保育園へ行かなかったら、まだまだつなぎを着せていただろうと思う今日この頃です。

特に規定もなにもない保育園でしたが、服は6ヶ月ぐらいから上下別々を着せていました。

懐かしいハイハイしていたあの頃と思い出します。

まだまだ、汚すことも多い時期です。

着せやすく、脱がせやすい余裕がある服選びをしてあげてください。

1歳頃~1歳半頃:洋服サイズ80~90

このころになると、歩き始める子供たち。スプーンも持って自分で食べたがるこの時期。

こぼして、机の下は残渣物だらけ、口の周りもべたべた、手もぐちゃぐちゃ。

そんな時期です。服は汚れたい放題です。

可愛い服も選びつつ、汚れが目立たない服を選ぶといいと思います。

もちろん、泥遊びやクレヨンなんかでお絵かきもします。

この時期は色々やりたい時期です。

したいことをしつつ、成長を見守ってあげてください。

また、出産お祝いなんかは、一番着るのは洋服サイズ80だと言われています。

振り返ると私も80の時期が長かったように思います。

成長も早いし、忙しさで月日がたつのも早かったように思います。

【スポンサードリンク】

1歳半頃~2歳頃:洋服サイズ90~95

やってきました。嫌々時期…。このころが一番大変だったように思います。

服を着せようも、あっちへごそごそ、走り回ってなかなか服なんて着せれない。

物は倒すわ、おもちゃはひっくり返すわ、言ってもなかなか理解はできない、叱ってもかわいそうで大変でした。

でも、歩いてよちよち、可愛いんですよね。

服も可愛いのがだんだん増えてきてレパートリーも増えます。

この時期もよく洋服は汚すので、洗濯しやすく汚れが目立たないものを選びましょう。

2歳頃~3歳頃:洋服サイズ:95~100

さて、まだまだ続く嫌々時期ですが、少しづつ理解力が出てくる時期ですのでママもゆっくりできる時間もふえてくると思います。

どんどんサイズも上がっていくこの時期です。

子供の成長も個人差がありますので、成長を観察しながら洋服を選んでみてください。

月齢、年齢ごとの早見表

サイズ 月齢・年齢 身長cm 体重kg
50~60  0~3ヶ月  50~60  5
70   3~6ヶ月   70  9
80  6ヶ月~1歳  80 11
90  1歳~2歳  90 13
95  2歳~3歳  95 14

まとめ

子供の成長は早いです。服選びも難しいと思う時期です。

服も少し大きめを買うと良いと思います。

でも、男の子ママさん、戦隊もの大好き男の子は1年置きに仮面ライダー(8月頃更新)に戦隊シリーズ(2月頃更新)変わりますので、1年置きに買い替える覚悟をして、ぴったりサイズを選んでもいいですよ。

もの入りな時期ですが、可愛い洋服も着せたいママ心ですよね。可愛いい、リーズナブルな洋服、最近は沢山売っています。

よく調べて良い洋服を探してみてください。

子供の笑顔は宝物です。明日も良い笑顔が見れますように。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ