チョコアレルギー症状でくしゃみや痒みが!原因、予防について


チョコレート

チョコにアレルギーがあることを知っていますか?

チョコレートは虫歯だけではなく、アレルギーを引き起こす事があります。

チョコアレルギーの症状として、くしゃみや、かゆみが発祥することがあります。

原因や症状を知ったうえで、チョコレートとどのように付き合えば良いのか皆さんはご存知でしょうか?

知らず知らずに食べていたら、まさかチョコアレルギーに?

チョコを食べるといつも、くしゃみが出たり、痒くなるのはなんで?

原因を徹底的に知れば上手に付き合っていけます。

今回は『チョコアレルギー症状でくしゃみや痒みが!原因、予防について』ご紹介していきたいと思います!

【スポンサードリンク】

チョコアレルギーの原因

チョコアレルギーには2つの大きな原因があります。

カカオによって引き起こされる食物アレルギーの1つで、カカオに含まれるチラミンとニッケルが主な原因となります。

【チラミン】
チョコレートを食べると鼻血が出る…こんな発言耳にしたことはありませんか?

それはチラミンが原因です。

チラミンとは血管を収縮させて、拡張を引き起こし、高血圧発作を誘発させる働きがあります。

これはチョコレートだけではなく、赤ワインやチーズにも含まれている成分です。

【ニッケル】
アレルギーといえば金属アレルギーを思いつく人が多いかと思います。

ニッケルとはご存知の通り金属ですね。

実はカカオの中にはニッケルも含まれており、金属アレルギーを悪化させる働きがあります。

このニッケルにより、湿疹が出たりと様々な症状を引き起こします。

【スポンサードリンク】

チョコアレルギーの症状

くしゃみ

チョコレートには様々な種類がありますが、中でもビターチョコを食べると、くしゃみの回数が多くなるとも言われています。

ではなぜ、くしゃみが出るのか?
それは、カカオマスやココアバターが主な原因とされています。

チョコレートのアレルゲンが原因で、アレルゲンに反応したB細胞がlgE抗体を作ります。

肥満細胞がlgE細胞と結合をし、そこで放出されたヒスタミンが、鼻の粘膜に存在する、知覚神経を刺激してくしゃみがおきます。

かゆみ

蚊に刺されたような赤い膨らみが現れ、一箇所に数時間現れては消え、他の場所に再び現れます。

痒みが我慢できず、掻きすぎて出血が起こり、赤いミミズ腫れが残るケースもあります。

中には痒みだけではなく、痛みを伴うケースもあり、身体だけではなく、口や喉の中にもチクチクするといった症状がでます。

痒みが我慢できない場合は即座に皮膚科を診療しましょう。

予防方法は?

大好きなチョコレートを止めることは難しいですよね。
チョコレート絶たなくても、アレルギーを予防することは可能です。

適切な量を知る

チョコレートを摂取しすぎない適量は、板チョコなら1日半分。一口サイズのチョコなら1日3〜4粒程度にする。

lgE検査

血縁検査の1つ。一度に複数の種類のアレルギー食品を調べることができるので、簡単で短い期間で行える。
金額は約五千円程度でできる。

パッチテスト

アレルゲン物質を皮膚に貼り付け、2、3日後に腫れや赤みが出るかをチェックする方法

関連記事はこちらからご覧ください

妊婦中の牛乳はアレルギーに影響出るの?摂取量の目安は?

トクホのからくり!?特定保健用食品と機能性表示食品の違いや、本当の効果のほどは…

離乳食はいつから開始?早過ぎるとアレルギーになりやすい?

赤ちゃんの血液型っていつわかる?調べ方と検査費用などは?

まとめ

アレルギーはいつでも、誰にでも、どんな食べ物でも起こる可能性があります。

チョコアレルギーは日々の摂取にさえ、気をつけていれば発祥の予防をすることができます。

まだなったことがないからと油断せずに、日々の摂取を気をつけましょう。

基本的にはアレルギーは小学校入学までに治ることが多いですが、大人になっても治らない方は生涯治らない事が多いそうです。

完全に治すことは難しいので、身体に慣れさせて、上手に付き合っていきましょう。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ