妊婦のディズニーランド・シーは優遇制度が盛り沢山!知らなきゃ損の3つのポイント!


m-17277_img

妊婦さんがディズニーランド・シーで、優遇制度があるのをご存知ですが?

妊婦は見た目は健康そうに見えても、お腹に赤ちゃんがいる間は常に気を付けて行動しなくてはいけないもの。

特に妊娠中に人混みの多いディズニーランド・シーのようなテーマパークに行くのは怖いと不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

この優遇制度は妊婦でも安心してディズニーランド・シーを楽しむことができる、とっても素晴らしい制度です!

当日は母子手帳を忘れずに持参してくださいね。

『妊婦のディズニーランド・シーは優遇制度が盛り沢山!知らなきゃ損の3つのポイント!』をご紹介いたしますので、お出かけの際にぜひご活用ください。

【スポンサードリンク】

妊婦はディズニーランド・シーに行けるの?

そもそも妊婦はディズニーランド・シーに行くことができるのでしょうか?

答えは『YES!』です。

ご安心ください、パーク内のアトラクションの中には振動や体に負担なく乗れるものもありますし、ショーやレストランも体調が安定していて経過が良好であれば普通に楽しむことができます。

さっそく楽しむためのポイントをご紹介しましょう。

妊婦が受けられる優遇とはどんなもの?

妊婦は健康であっても、出産してもよい時期になるまでは長時間立ったり歩き続けたり無理をすることは禁物です。

そんな負担を軽減してくれるのがこちらです。

1.ゲストアシスタントカードが使えます

この『ゲストアシスタントカード』は疾病、負傷などにより体の機能が低下している人(高齢者、妊婦を含む)向けに設けられているカードです。

受けられるサービスはこちらです。

  • アトラクションの待ち時間を列に並ばないで過ごせる

パーク内でも一番の心配は長蛇の列に並ぶこと、でもこれがあれば待ち時間もゆっくり座って体に負担なく乗り物に乗ることがっできる嬉しいカードです!

これは『並んでいる時間を列から外れて別の場所で待機して過ごす』ことができるもので、指定された時間までは外のカフェで座って過ごしたり、お手洗いなども自由に行けます。

アトラクションの前にいるキャストにこのカードを見せると待ち時間を確認してカードに記入してくれます。

指定された時間にそのアトラクションへ戻ると並ばずに中へ通してもらえるとゆう、長時間立っているのが苦しい妊婦には大変ありがたい制度です。

来園一カ月前より発行可能で、当日はメインストリートハウスで発行できます。

  • ショーでは優先席へ通してもらえます

パーク内で行われるショーでは、車椅子や体の不自由な方に対応できるように優先席が設けられており、妊婦も利用対象になっています。

カードを見せるとスタッフが優先席へ案内してくれますので、人混みにもまれることなく座ってショーを楽しむことができます。

2.車は優先駐車場へ

パーク入口の近くに障害を持っていたり歩くことが困難な方ための優先駐車場が用意されていて、妊婦もその対象になるので利用することができます。

パーク内でたくさん歩いて疲れることも予想されますので、車への行きかえりはできるだけ身体に負担がかからないように優先駐車場を利用することをお勧めします。

3.トゥーンタウンのミッキーの安産祈願

トゥーンタウンの『ミートミッキー』で妊婦とゆうことを伝えると、ミッキーに安産祈願でお腹を撫でてもらえます。

ディズニーファンでなくても、夢の国での安産祈願はハッピーな気持ちになり、お産への不安な気持ちを支えてくれることとなるでしょう。

【スポンサードリンク】

一般共通の便利なサービス

一般向けにも優遇が受けられる制度がありますので、アトラクションの待ち時間を減らしたりりスムーズに食事ができるよう上手に活用しましょう。

  • ファストパス
    お馴染みのファストパスですが、ゲストアシスタントカードと併用もできます。ゲストアシスタントカードと併せて利用するとさらに待ち時間を軽減したり、多くの乗り物に乗ることができます。
  • プライオリティシーティング
    パーク内やホテルのレストランで予約をすると、その時間に優先的に通してもらえるシステムです。完全予約制ではない為、状況により待ち時間が発生することがあります。予約日の一カ月前から利用可能できます。
  • ショーレストランの事前予約
    キャラクターのショーを見ながら食事ができるレストランです。完全予約制の為、予約した時間に必ず入店して席に着くことができます。

関連記事はこちらからご覧ください

妊婦中にディズニーランドで楽しむ方法&攻略法を紹介します!

妊娠中に足がつる!睡眠中や寝起きには要注意!予防と対策を知ろう

妊娠中の海外、国内旅行は大丈夫?国内3つ海外4つの行動に注意して楽しい旅をしよう!

妊婦中に水疱瘡(みずぼうそう)になったら胎児(赤ちゃん)への影響は?危険性と予防について

ディズニーランド・シーを楽しもう

妊娠中であっても、ママ自身の楽しみや他の上の兄姉を行かせてあげたいなど、色々な理由でディズニーランド・シーへ行きたいと思われる方も多いはずです。

利用できる優遇制度を知っておくと、体への負担を減らしながらディズニーランド・シーを十分に満喫できるかと思いますので、無理をしないで体調みながら楽しくお出かけしましょう。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ