入学祝いの相場、孫、姪、甥はどのくらい?小学校から大学までを徹底調査します!


卒業式が終わるとすぐに入学のシーズンがやってきますね。

あんなに小さかった孫や姪、甥もあっという間に成長し、新入学!と子どもの成長にびっくりしている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

そんな喜ばしい気持ちの反面、入学祝いって何を渡したらいいんだろう?

お金を渡す場合の相場っていくらぐらい?と頭を悩ませていませんか。

今回は『入学祝いの相場、孫、姪、甥はどのくらい?小学校から大学までを徹底調査します!』と題して入学祝いについてのあれこれをご紹介します。

【スポンサードリンク】

小学校から大学までの入学祝いの相場

小学校祝いの相場

孫の場合・・・3万円~5万円

小学校入学となると、ランドセルや学習机、入学式で着るための服など結構高額な物を準備しなければなりませんよね。

現金を渡す場合はだいたいこれぐらいが相場ですが、一緒にデパートなどへ行って買ってあげるとなると、この相場をかなり上回ることもあるでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんにとって孫はとっても可愛いもの。ランドセルをからって学校へ通う姿を想像するだけでも顔がほころんできます。

中には10万円を超えるというご家庭もあるようです。

姪・甥の場合・・・5千円~1万円

現金の他にもギフトカードや図書カードも喜ばれます。

好みがわかっていれば、文房具・バッグ・きんちゃく袋・水筒・洋服・靴などの物を送ってもいいと思います。

中学校入学祝いの相場

孫の場合・・・3万円~5万円

中学校入学となると制服・通学かばん・学用品など小学校よりもさらにいろんな物が必要になって、お金がかかってきます。

中には中学生から携帯電話やパソコンなどを与える家庭もあるでしょう。

姪・甥の場合・・・5千円~1万円

小学校の入学祝いとそれほど変わらないと思いますが、お年玉と同じように大きくなるにつれて少しずつ金額を増やすというのも良いでしょう。

【スポンサードリンク】

高校入学祝いの相場

孫の場合・・・5万円~10万円

公立か私立かによって学費も大きく違ってきますし、中には電車通学やバス通学を始めるので定期券を購入したり、中学校よりもさらにお金が必要になってきますよね。

だいたいこれぐらいが相場だと言われています。

姪・甥の場合・・・1万円~2万円

高校入学では、制服や通学かばんの他にも部活の道具や、学校指定の参考書や辞書などが必要になることもあるので、図書券やギフト券も喜ばれると思います。

現金を包む場合は、やはり中学校入学よりも少し多めに渡すことが多いようです。

大学入学祝いの相場

孫の場合・・・10万円~

大学に入ると一人暮らしを始める人も多いでしょう。

親元を離れる場合は入学金や学費の他にも、家賃・敷金、家具・家電の購入など、かなりの出費となりますので、おじいちゃん・おばあちゃんからのサポートはとてもありがたいですね。

姪・甥の場合・・・1万円~3万円

入学式でスーツを着る人が多いと思うので、好みを知っていればそれに合わせて時計や靴などを贈るのもいいと思います。

入学祝いを渡す時期は?

だいたい3月上旬ごろ、入学式の2~3週間前ぐらいがベストだと言われています。

しかし、小学生のランドセルなどは人気のデザインが早くなくなってしまうことがあるので、前年度の夏休みには購入しておくという人が多いようです。

様々な事情でベストな時期に渡せない場合は、一言添えて早めに渡したり、入学後に渡しても失礼にはなりませんよ。

遠方に住んでいて手渡しできない場合は、郵送しても構わないと思います。

また、入学祝いのお返しは必要ありませんが、子どもからお礼の電話をさせたり、入学式の写真を手紙と一緒に送ったりすると大変喜ばれます。

関連記事はこちらからご覧ください

お年玉の由来、意味。いつまで(何歳から何歳まで)渡せばいい??

お見舞いは新札?旧札?失敗しない袋の書き方、入れ方とは?

魚の骨がのどに刺さった取り方は?家庭ですぐに対処できる方法を教えます!!

さいごに

はっきり言って、入学祝いにこれといった決まりはないので、一つの参考としていただければ幸いです。

親戚間の距離や人間関係にもよっても変わってくると思います。

中には親戚同士であらかじめ金額を決めておくというご家庭もあるそうですよ。

いちばん大切なのは気持ちですよね。

お孫さんや姪っ子、甥っ子さんの喜ばしい門出を温かくお祝いしてあげてください。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ