お葬式の髪型でロングヘアでOKな簡単アレンジ方法を紹介します


お葬式は、いつ訪れるか分からない突拍子のないときもあります。突然に亡くなった方もいたりで、急なときもあります。

心の準備ができていない時だと、急いで用意すると、お葬式の常識も忘れてしまいがちになります。

お葬式の時ってどんな髪型にしているのでしょうか?ロングヘアをどうやったら、綺麗に簡単アレンジができるのでしょうか?

恥ずかしくない、場をわきまえた髪型が知りたいですよね。

ロングヘアだと、まとめるのも大変だし、また盛りすぎたら場違いな気がします。かといって、1つに束ねるだけでもいいのでしょうか?

長い髪をそのままだと、清潔感がないし…。そんな疑問を解消します!

今回は『お葬式の髪型でロングヘアでOKな簡単アレンジ方法を紹介します』で、ご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

お葬式の髪型マナー

まず初めにお葬式の髪型マナーについて、調べていきたいと思います。

お葬式とは、故人と最後の別れの時です。そんな悲しいお別れの時に失礼な髪型で、参列してしまっては、ご家族の方達に不快な思いをさせてしまいます。

そのためにも、必要最低限のマナーは守りたいものです。

お葬式の最低限髪型マナー

  • ヘアスプレーは無香料
  • フワフワパーマはNG
  • 茶髪、明るすぎる髪色はNG
  • 髪飾りは黒で統一する
  • ロングヘアは1つにまとめる
  • まとめる位置は高い位置でまとめない
  • 盛り髪はNG
  • おくれ毛、サイドの髪はすっきりまとめる

以上のことは、必要最低限のマナーになりますので、知らなかった・・・なんてことがあると恥ずかしいですよね。

ヘアスプレーなどは、きつい臭いはNGです。

ご家族や参列している方々に気づかれるくらいの臭いのきついものは、他人に不快な思いをさせてしまいます。

無香料のものを選ぶようにしましょう。

フワフワのパーマも華やかなイメージなので、あまりよくありません。

パーマをかけている方はまとめることにより、華やかさを隠せるようになります。

茶髪などの明るい髪はお葬式の時だけでも、黒色に染めれるスプレーで染めてから参列するようにしましょう。

また、おくれ毛やサイドの髪が会釈をしたときなどに、顔が隠れるような印象もよくありません。

すっきりとしたまとめ髪で清楚なイメージでお葬式に参加してください。

【スポンサードリンク】

簡単ロングヘアアレンジ方法

では、以上のことを踏まえたうえで簡単なロングヘアアレンジ方法を、紹介したいと思います。

お葬式のロングヘアアレンジ方法

  • 1.髪を1つにおくれ毛がないように、黒ゴムでまとめる。注意点は、黒ゴムにするようにしましょう。また、おくれ毛はタブーになりますので、綺麗にまとめましょう。髪のくくる位置ですが、耳の高さより高い位置にくくらないようにしましょう。
  • 2.くくったゴムのまわりを1周するように、束ねた髪をぐるりと巻きます。ポイントとして、束ねた髪を軽く濡らすとまとめやすいです。
  • 3.最後も巻き終わった髪を、ヘアピンできっちり止めてください。簡単に言えば、お団子になる感じになります。
  • 4.無香料の整髪料で髪型が崩れないようにスプレーで固めましょう。お団子のヘアアレンジが難しいと感じる方は、100円ショップなどに売っている髪をまとめる網を購入して、網でまとめると簡単です。

リボン付きなどのおしゃれな網もありますので、黒や紺などの暗い色のリボンがついたものを選ぶようにしましょう。

また、団子髪をシュシュでまとめても、よいでしょう。

関連記事はこちらからご覧ください

赤ちゃん子連れでお葬式(冠婚葬祭)に参列時のマナーと注意点とは?

入院見舞いで必要なマナー、見舞い品や金額相場をチェックしましょう

正座のしびれの原因とその理由とは?解消法も紹介します

お墓参りの効果は?運気を上げるには?持ち物・服装・作法を知ろう!

まとめ

ロングヘアをまとめるのも、苦手な人もいると思います。

今回のまとめ方は、基本的な簡単なまとめ方になります。

また、後ろで1つに束ねるだけだと、おばさんみたいになってしまうといった理由から、横の位置でくくる方もいますが、それはタブーです。

なぜかというと、首につけている真珠のネックレスなんかに髪がかかることがタブーになるのです。

そのことを踏まえて、綺麗に簡単に髪をまとめてお葬式に参列するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ