赤ちゃんのハチミツいつからOK?なぜダメなの?食べた時の対処法とは


honey-golden_comp

1歳未満の赤ちゃんにハチミツは食べさせちゃいけないこと知っていますか?ハチミツはそのまろやかな甘さや香り、栄養価も高いことから健康に良い食品として食卓では重宝されています。

ところが、ハチミツの容器のラベルには、『ハチミツは1歳未満の乳児には、食べさせないよう気をつけてください』との注意書きが必ず記載されています。

1歳未満の赤ちゃんにはハチミツは絶対に与えてはいけない食べ物なのです。

健康に良いと思っていた食品をどうして食べてはいけないのか、いつから食べてさせてもよいのか疑問に感じるお母さんもいることでしょう。

食べさせてはいけないとゆわれると少し怖いですが、ハチミツについて分かっていれば戸惑うことはありません。

『赤ちゃんのハチミツいつからOK?なぜダメなの?食べた時の対処法とは』についてご説明します。

【スポンサードリンク】

どうして赤ちゃんにハチミツを食べさせてはいけないの?

日本のハチミツ全体の約5%の中に『ボツリヌス菌』の芽胞(がほう)が含まれているとゆわれています。

『ボツリヌス菌』は自然界の毒素の中では最強とゆわれるほどの毒性があり、発症すると死に至るほどの強さを持つ菌です。

そして、その芽胞とゆうのは細菌が生存に適さない環境になり、かたい殻を作って休眠している状態のものを指し、熱に強い特殊な構造をもっています。

通常、この菌は食べても芽胞のまま排出されるので気にすることはありません。

しかし1歳未満の赤ちゃんの場合は違います。大人は食べれるのに赤ちゃんには与えてはいけないのはどうしてでしょうか?その大きな理由は、

赤ちゃんと大人では腸内細菌の発達が違うからなのです。

胎児のころは無菌状態で育った赤ちゃんですが、生まれた直後から皮膚や気道、消化器官などの粘膜で細菌が増殖します。

そして腸内で発達した細菌がびっしりと壁を作って生息し始めることを、お花畑にたとえられて腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれています。

1歳未満の赤ちゃんはこの腸内フローラの状態が未熟なため、菌が腸で吸収され体内で芽を出し、毒素に感染してしまうのです。

赤ちゃんがハチミツをたべたら何が起こるの?

赤ちゃんが『ボツリヌス菌』を含んだハチミツを食べてしまい、腸に吸収された毒素に感染すると、『乳児ボツリヌス症』を発症して次のことが起こります。

『乳児ボツリヌス症』の症状

  • 便秘の状態が数日間続く
  • 全身の筋力が低下して脱力した状態になり首が座らなくなる
  • おっぱいを飲む力が弱くなる
  • 鳴き声が小さくなる
  • 顔が無表情になる
  • 呼吸不全になる(重症になると突然死の原因にも)

『乳児ボツリヌス症』は神経系の麻痺が起こる病気で、重度の場合、呼吸不全を引き起こして死に至る恐れがあるので注意が必要です!

【スポンサードリンク】

赤ちゃんにハチミツはいつから与えてもよいの?

ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、一般的な調理法では菌の除去は困難とされているので、加熱したとしても離乳食などに使うことはやめましょう。

乳児ボツリヌス菌の発症の恐れがあるのは主に生後3週間から6ケ月の赤ちゃんとゆわれています。やはり1歳までは微量でも赤ちゃんの口にハチミツが入らないよう気を付けましょう。

赤ちゃんにハチミツを与えるのは、腸内の抵抗力が発達する1歳以降になれば問題ないでしょう。

赤ちゃんがハチミツを食べちゃったらとうしらいいの?

もし間違って赤ちゃんがハチミツを食べてしまった場合、『ボツリヌス菌』は発症までの潜伏期間が3~30日のため、すぐに発症することはありません。

焦らず速やかに対処しましょう。

赤ちゃんがハチミツを食べてしまったら

  • 水やミルクなどを飲ませる
  • 手などについていたら速やかにふき取る
  • 生後6ケ月未満の赤ちゃんは特に抵抗力が弱いため小児科を受診
  • 1カ月間は症状が現れないか注意して様子を見る
  • その後も普段と違う様子はないかチェックする

生後6ケ月以降であればすぐに病院に行く必要はありませんが、注意して様子を見つつ、心配でしたら小児科へ行きましょう。

関連記事はこちらからご覧ください

赤ちゃんの血液型っていつわかる?調べ方と検査費用などは?

子供や赤ちゃんの寿司はいつからOK?生物と刺身を食べさせる注意とは?

赤ちゃんにはちみつはいつからOK?はちみつ以外にも危険な食べ物とは?

子どもにコーヒーは悪影響!?何歳から飲んでいいの?成長に害はないの?

子供の嫌がる耳掃除の頻度はどのくらい?!やり過ぎは要注意!

1歳になるまでは気を付けて!時期がきたらハチミツの良さを享受しよう

1歳未満の乳児はまだ菌に対する抵抗力が低く、大人が大丈夫でも赤ちゃんにとっては危険な食べ物があるとゆうことをお分かり頂けたでしょうか?

おじいちゃんおばあちゃん達の中には知らない方もいるかもしれないので、赤ちゃんの安全を守るためには知らせておくのも良いでしょう。

そうはいってもハチミツは栄養価が高く殺菌作用や疲労回復にも効果的な食品です。

時期が来るまでは注意しなくてはいけませんが、食べてもよい時期が来たら、上手に楽しんで子供に与えていきましょう。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ