出産の痛みが怖い!例えるとどんな痛さ?耐えられないほど辛いの?


出産の痛みについてはいろんな例えがありますよね。

よく聞くのは『鼻からスイカ』ですが、それっていったいどの程度の痛さなんでしょう?

出産の痛みって耐えられないほど辛いのかな・・・想像すると怖いな・・・

出産を間近に控えた妊婦さん、特に初産だととても不安に感じている人が多いと思います。

でも、出産の流れや痛みがどうして起こるのか、痛みを和らげる方法などを知っていれば、リラックスして臨むことができますよ。

今回は『出産の痛みが怖い!例えるとどんな痛さ?耐えられないほど辛いの?』についてご紹介いたします。

パパにもぜひ知ってもらって、一緒に出産の痛みを乗り越えてくださいね!

【スポンサードリンク】

出産の痛みとはどういうものなの?

出産に伴う痛みは大きく分けて3つあります。

一つ目は陣痛、二つ目は分娩時の痛み、三つ目は出産後に起こる後陣痛です。

それぞれの痛みがどうして起こるのか、どういうものなのかをご紹介します。

陣痛

赤ちゃんが生まれる準備が整うと、子宮を収縮させて赤ちゃんを押し出そうとします。この子宮収縮が陣痛なのです。

最初は不規則で痛みも弱く、軽い生理痛のような感じです。

それがだんだんと規則的になり、痛みも強く激しくなってきます。

しかし、赤ちゃんが生まれるまでずっと痛むわけではなく、規則的に痛みの波がきて引いていく時もあるので、痛いときにうまくいきみ逃しをして、痛みが引いた時にリラックスして体力を温存しておくのがポイントです。

陣痛が始まって子宮口が完全に開いて分娩に至るまでの時間には個人差があって、数時間~10時間以上かかる人もいます。

経産婦の方は比較的陣痛の時間は短いと言われています。

出産時の痛み

子宮口が完全に開くと、赤ちゃんが産道を通って出てきます。

産道は骨盤の中にあるのでそこを通るときの腰回りの痛みや、子宮の収縮、生まれる時の膣の痛みなどがあります。

赤ちゃんは回旋しながら産道を通って出てきますが、妊娠中に太りすぎて産道に余計なお肉がついていたり、ママの骨盤周りの筋肉や関節が硬かったり、赤ちゃんの頭が大きめだったりすると、出産の時間が長引いてその分痛みも辛くなる可能性があります。

しかし、いきむタイミングがうまく合えば短時間で生まれることも多いので、いつ終わるかわからない陣痛よりはマシだったという声も多く聞きます。

後陣痛

赤ちゃんが出てきても、ママのおなかの中にはまだ胎盤が残っています。

胎盤が出てくる時の痛みや、子宮が元の大きさに戻ろうとする『子宮復古』に伴う痛みが後陣痛です。

子宮復古は、子宮の出血を止めるために収縮させて止血させようとするもので、とても重要なことなんですよ。

【スポンサードリンク】

出産の痛みを例えるとどんな痛さ?耐えられないほど痛いの?

陣痛

  • 鼻からスイカが出てくるような痛み
  • 便秘で1か月ぐらい溜まったものを一気に出すような痛み
  • 下痢なのになかなか出ない感じ

出産時の痛み

  • 生理痛の1000倍ぐらいの痛み
  • 腰が砕けるような痛み
  • お尻からボーリングの玉が出てくるような感じ

後陣痛

  • 重い生理痛のような痛み
  • 針でチクチク刺されるような痛み
  • 陣痛よりもひどい痛み

出産を経験された方の例えをまとめるとこのような感じですが、感じ方や痛みの長さは人それぞれのようです。

出産の痛みを和らげる方法

出産の痛みを取り除くことはできませんが、和らげる姿勢や方法を知っておくと少し楽になりますよ。

陣痛を和らげる姿勢

  • バランスボールの上に座る
  • あぐらをかく
  • シムスの体勢
  • うつぶせ

痛いときに声を出したりするとさらに赤ちゃんもママも苦しくなると言われています。

しっかりと目を開けて、長く細く息を吐くのがポイントですよ。

パパにテニスボールなどでお尻を押してもらうのもgood!

さすってもらうよりも、比較的強い力でゴリゴリと押してもらった方が楽になります。

出産の痛みをまとめてみました

さいごに

出産の痛みは必ず終わりがありますし、赤ちゃんの可愛い顔を見ると痛みなんか忘れちゃった、なんていうママもたくさんいます。

私自身も、痛みに苦しんでいる最中は『もう二度と嫌だ』なんて思いましたが、赤ちゃんが生まれたらそれはもう可愛くて、『もう一人生んでもいいかな』と言うぐらいでした。

出産の痛みを乗り越えられないママはいないので、リラックスして臨んでくださいね。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ