風邪を早く治すには?コーヒーが効く事実!効果的な飲み方を紹介します


780133

あまり知られていないようですが、風邪を引いたとき、早く治す方法としてコーヒーが効果的だってご存知でしたか?風邪は1日でも早く治したいものですよね。

コーヒーには眠気覚まし効果だけでなく、優れた健康効果があることが知られています。

今回は特に風邪への効果に着目し、『風邪を早く治すには?コーヒーが効く事実!効果的な飲み方を紹介します』というまとめを作りました。

コーヒーにちょい足しすることで、さらに効果的に風邪を撃退できるんです。

【スポンサードリンク】

風邪にコーヒーが効く?5つの事実

風邪ひきに嬉しいコーヒーの効果5つ

  • 解熱効果
  • 頭痛、関節痛を和らげる
  • 喉の痛み、咳や痰などの不快症状が出にくくなる
  • 胃腸の働きを助け、食欲改善が期待できる
  • 利尿作用があり、体内の解毒を促す

【解熱効果】
コーヒーは体温を少々下げる効果があります。これが風邪の発熱時に役立ってくれるのだそうです。

また、先にご紹介したコーヒーのデトックス効果が、ウィルスを体外に排出するのを助けてくれます。ウィルスが排出されれば熱も下がります。

体温を下げる効果とデトックス効果、この2つで解熱してくれるというわけなのですね。

【頭痛、関節痛を和らげる】
コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きがあります。

風邪ひき時の頭痛の原因は、発熱による頭部や関節の血管の膨張です。

コーヒーを飲むことで膨らんだ血管が収縮し、頭痛や関節痛を和らげることができるのです。

【喉の痛み、咳や痰などの不快症状が出にくくなる】
カフェインの効果の1つに、交感神経を活発にするということがあります。

コーヒーを飲むと眠気が消える、というのがその代表的な効果です。

風邪を引くと副交感神経の働きが活発になります。副交感神経は気管や気道を狭め、咳や痰、喉の痛みを誘発します。

コーヒーを飲むことで交感神経が活発になり、狭まった気管を広げて咳や痰の症状を抑え、喉の痛みを和らげてくれます。

【胃腸の働きを助け、食欲改善が期待できる】
コーヒーは胃液の分泌を活発にし、消化吸収を助けてくれます

消化がよくなればお腹が空いてきますので、食欲も戻ってきます。

十分な栄養を取ることが、風邪の回復を速めるコツです。その観点から、コーヒーは風邪引き時に大変役に立つ存在と言えます。

【利尿作用でデトックスを促す】
カフェインの利尿作用は、体内のウィルスや老廃物を素早く排出する助けになります。

風邪に効果的なコーヒーの飲み方は?

コーヒーにちょい足しで、風邪撃退効果アップを狙いましょう。

豆乳

コーヒーに豆乳を1対1の割合で。カフェで人気のソイラテの出来上がりです。

豆乳のタンパク質とコーヒーの効果が合わさって、より風邪に効きそうですね。

マシュマロ

コーヒーにお好きな数のマシュマロをポンと入れてください

マシュマロの材料の1つ、ゼラチンが喉の滑りを良くして痛みを抑えてくれます

見た目も可愛いマシュマロコーヒーで心もホッコリするかも。

【スポンサードリンク】

ショウガ

コーヒーにショウガの絞り汁を少々、又はショウガのスライスを一切れ加えます。

喉の痛みや咳に効果があると言われています。

生のショウガは身体を冷やす効果がありますので、量は程々に。気になる方はショウガごとコーヒーを加熱して飲んでください。

加熱されたショウガには血行促進効果があると言われています。

ですので、生、加熱どちらで楽しんでも風邪にはピッタリだと言えますね。

ちょっと大人度UPな雰囲気のコーヒーになります。

蜂蜜

コーヒーに蜂蜜を好みの量加えます。甘みが強くなるので、加減を見ながら。

蜂蜜の殺菌効果や疲労回復効果が期待できます。

レモン

紅茶だけでなく、コーヒーにもスライスレモンを頭痛に効果があると言われています。

レモンのビタミンCを破壊しないよう、コーヒーはぬる目がお勧めです。

早く風邪を治したい!でもこんな飲み方はNG

コーヒーを飲む際の注意事項2つ

  • 1日3杯程度を目安に、飲み過ぎないこと
  • 風邪薬と一緒に飲まないこと

【1日3杯程度を目安に、飲み過ぎないこと】
コーヒーを飲み過ぎると、カフェインの過剰摂取により、胃を刺激しすぎて胃炎を引き起こす可能性があります。

また、利尿が過ぎて喉が乾きやすくなったり、眠りたいときに眠れないという困った事態を招く場合もあります。

コーヒーは1日3杯程度、多くてもせいぜい5杯が目安です

【風邪薬と一緒に飲まないこと】
殆どの風邪薬には、眠気を抑えるためにカフェインが含有されています。

風邪薬と同時にコーヒーを飲むことは、カフェインの過剰摂取に直結します。

上記でご説明したように、カフェインの過剰摂取は風邪とは別の体調不良を招きます。

風邪薬とコーヒーは、最低2時間の間を置いてください。

関連記事はこちらからご覧ください

マヌカハニー効果で風邪予防!最強ハチミツで風邪も撃退!

甘酒は風邪に効く?!飲む点滴と言われる意味とは?

風邪に効く飲み物は?コンビニで買えるオススメドリンクを紹介します!

はちみつ大根は喉の風邪に最適!身体をケアするために美味しいレシピ紹介します!

子どもにコーヒーは悪影響!?何歳から飲んでいいの?成長に害はないの?

これからの季節の風邪対策にコーヒーを

1657年、イギリスの新聞に世界最初のコーヒーの広告が掲載されました。

そこにはコーヒーのたくさんの健康効果と共に「風邪にも」と記載されていたということです。

約360年も前に、既にコーヒーが風邪に効くことが知られていたのですね。

その広告文が当時の医学的根拠に基づいているのかどうかはわかりませんが、その頃のコーヒーは嗜好品というより医療品に近い扱いを受けていたようです。

そんな歴史も感じながら、秋から冬の風邪対策にコーヒーを取り入れてみませんか?

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ