米麹甘酒、豆乳の作り方とその効果がすごい!痩せる体質改善をはじめよう!


クリスマスに忘年会、お正月とイベント続きの年末年始は、どうしても暴飲暴食してしまうことが多いですよね。

そろそろダイエットをしなきゃ・・・と考えている人もたくさんいると思います。

でも冬って痩せにくいんじゃないかしら、という声をよく聞きますが、そんな方にお勧めなのが米麹甘酒と豆乳で作るドリンク!

ダイエットや美容に効果的だということで最近テレビでも紹介され、愛飲している芸能人もいるので注目されているんですよ。

今回は『米麹甘酒、豆乳の作り方とその効果がすごい!痩せる体質改善をはじめよう!』をご紹介します。

【スポンサードリンク】

米麹甘酒、豆乳のここがすごい!

米麹甘酒、豆乳にはどんな栄養素や成分があるのでしょうか?

何が体にいい影響を及ぼすのか具体的に見ていきましょう。

米麹甘酒は飲む点滴!

  • ビタミンB1・B2・B6、葉酸、ブドウ糖、アミノ酸
  • 栄養剤の点滴をするのと同じぐらいの、バランスのとれた栄養が取れます。

    アンチエイジングにも効果的です。

  • オリゴ糖、食物繊維
  • 腸内環境を整え、便秘の解消に効果的です。

  • コウジ酸
  • しみの原因となるメラミンの生成を抑制するので、美白に効果的です。

  • リパーゼ
  • 脂肪燃焼に効果的な酵素です。

パワー満点、豆乳の魅力

  • 大豆イソフラボン
  • 女性ホルモンに近い働きをし、コラーゲンの生成を促進するので、肌のつやや張りを蘇らせる効果があります。

  • グルタミン酸、アスパラギン酸
  • 高い保湿力があり、髪の毛に潤いとつやをもたらす効果があります。

  • 豊富なビタミン
  • 肌荒れなどのトラブルを解消する効果があります。

  • 大豆サポニン
  • 脂肪の蓄積を抑える効果があります。

このような米麹甘酒と豆乳が合わさると、疲労回復や冷え性予防・改善にも効果的で、きちんと栄養をとりながらダイエットをすることができるんです。

また、タンパク質+ビタミンで免疫力をアップする効果も期待できます。

米麹甘酒、豆乳の作り方

作り方はとっても簡単です!

    ①コップ1杯(130ml)の豆乳に、大さじ3杯の米麹甘酒を入れて混ぜる
    ②500wレンジで1分~1分半ほど温める

豆乳は成分無調整で砂糖が入っていないものを使うと良いですよ。

ホットにすると身体がぽかぽか温まってさらに効果的です。

夏の暑い時期は冷たく冷やして飲むのも美味しそうですね。

【スポンサードリンク】

米麹甘酒、豆乳はいつ、どうやって飲んだら効果的?

ダイエットに効果的な飲み方

  • 朝飲む
  • 朝に飲むことで代謝と体温がスムーズに上がり、1日を通して代謝が高い状態を保つことができます。

    脳のエネルギー源になるブドウ糖が多く含まれるので、朝から飲むと仕事や学習の効率も上がりますね。

  • 朝食の主食に置き換えて飲む
  • ご飯1杯は約252kcal、トースト1枚は約255kcalなのに対して、米麹甘酒、豆乳は1杯で約170kcalと低カロリ―です。

    ビタミンやミネラルがバランス良く含まれているし、満腹感も得られるので置き換えダイエットに最適です。

米麹甘酒、豆乳をアレンジしてみよう

そのまま飲んでもほんのり甘くて美味しい米麹甘酒、豆乳ですが、アレンジするとさらにいろんな味を楽しめますよ。

これを加えてみよう!

  • しょうが・・・身体が心からぽっかぽか!
  • きな粉・・・イソフラボンの効果がさらにアップ!
  • 黒酢・・・とろみがついて、ダイエット効果がアップ!
  • ココア・・・味がまろやかになり、便秘解消効果がアップ!
  • プルーン・・・疲労回復の効果がアップ!

関連記事はこちらからご覧ください

炭水化物ダイエットの危険性と効果的な炭水化物の摂取方法とは!?

スロージョギングは室内でOK!効果とやり方を紹介します!

白湯の正しくて美味しい作り方をチェック!白湯の作り方間違ってませんか?

酢キャベツダイエット方法!肝臓ガン予防にもなるすごい効果で話題沸騰中?!

まとめ

米麹甘酒、豆乳にはこんなに素晴らしい効果があるんですね!

米麹甘酒はノンアルコールなので、妊婦さんや授乳中の方でも安心して飲むことができます。

ダイエットや美容に興味のある方は、ぜひ試してみてください。

代謝を上げると痩せる体質改善につながります。寒い冬でもこたつや暖房の効いた部屋の中でぬくぬくと過ごしているとなかなか代謝は上がりませんよ。

米麹甘酒、豆乳を飲み、さらに家事やスポーツで体を動かして、痩せる体質改善をはじめましょう。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ