マグネシウムの効果的な摂取方法を解説します!


c08d3b6ec64d96542f6dd8b0577b5731_s

カルシウムや鉄分の大切さはよく知られていますが、マグネシウムも私達女性に欠かせない大切なミネラルです。
マグネシウムには健康効果の他、美肌を保ちアンチエイジングの手助けもしてくれるという女性にとってうれしい効果が期待できます。

「マグネシウムって具体的にどんな効果があるの?どんな食品を食べればいいの?」

マグネシウムって、意外に身近な食品に豊富に含まれているんです。

今回は『マグネシウムの効果的な摂取方法を解説します!』についてご紹介します。

そんな疑問を解消するべく、マグネシウムの効果や、効率のよい摂り方を調査しました。

【スポンサードリンク】

知っておきたい、マグネシウムの驚きの効果4つ

マグネシウムの驚きの効果

  • アンチエイジング効果でいつまでも若く美しく
  • 健康的に痩せられる
  • メンタルバランスを整える
  • 体調を整えて、頭痛、PMS、便秘などを解消する

美と健康、両方に大いに効果があるのがマグネシウムです。

アンチエイジング効果

マグネシウムは体内の酵素の働きを助け、アンチエイジングの大敵である活性酸素の発生を抑えます。

さらに紫外線などで傷ついた細胞の再生を促して、肌の若々しさを保ちます。

タンパク質の合成も助けますので、肌だけでなく、髪に張りとツヤを与えたり、爪を丈夫にしてくれたりと美を手に入れる大きな助けになってくれます。

健康的に美しく痩せる

エネルギー代謝を高めて余分な脂肪を燃えやすくします。疲労回復能力も高まりますので、エクササイズも楽しくできそうですね。

健康的に美しく痩せるには、マグネシウムはとても大切なのです。

メンタルバランスを整えて、心の平安をもたらす

イライラの原因はカルシウム不足だと言われることが多いですが、実はマグネシウム不足もイライラ、不安感、集中力の低下、無気力、神経過敏などを引き起こします。

「最近なぜか気持ちが落ち着かない。」という方は、マグネシウム不足かもしれません。

この後ご紹介する、マグネシウムを多く含む食品を積極的に食べることで、穏やかで優しい本来のあなたを取り戻せるかもしれません。

体調を整えて、頭痛、PMS、便秘など様々な不調を解消する

多くの女性が悩まされている頭痛。その原因は様々ですが、マグネシウムには頭部の血管の緊張を和らげて痛みを緩和する効果があります。

腹痛やイライラなどの、PMSの不快症状が緩やかになるとの報告もされています。
便秘解消にもマグネシウムは一役買っています。便を柔らかくしてスルッとラクなお通じを叶えてくれるのです。

他にも熱中症や高血圧、不整脈を予防してくれるなど、マグネシウムの働きはまだまだたくさんあります。

健康的な生活を送るためにはマグネシウムは必要不可欠です。

【スポンサードリンク】

マグネシウムを多く含む食べ物

実はマグネシウムは、ほとんどの食品に含まれています。
ですのでバランスのよい食事をしていれば極端に不足する心配はありません。

しかしファストフードやスナック類、糖分たっぷりのジュース類を口にすることが多くなると、マグネシウムは不足しがちになります。

またストレスの多い生活もマグネシウム不足を招きます。

効率よくマグネシウムを摂取するために、特にマグネシウムを多く含む食品を覚えておくとよいのではないでしょうか。

マグネシウムが豊富な食品

  • 緑黄色野菜
  • 海藻類
  • 魚介類
  • ナッツ類
  • 大豆製品
  • その他

【緑黄色野菜】
ほうれん草、レタス、ブロッコリー、パセリ、セロリなど

【海藻類】
昆布、わかめ、ヒジキ、海苔など

【魚介類】
いわしの丸干し、桜えび、アサリ、牡蠣、イクラ、桜エビ、キンメダイなど

【ナッツ類】
アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツなど。アーモンドには特に多く含まれるとされています。

【大豆製品】
大豆、豆腐、きな粉など

【その他、こんなものにもマグネシウムは豊富に含まれています。】
ココア、チョコレート、コーヒー、そば、玄米、イチジク、バナナなど

私達の日常にお馴染みの食品が並んでいますね。日本人は元々マグネシウムを上手に摂ってきたようです。

食事は和食を中心にバランスよく、おやつタイムにはナッツ類やコーヒーなどでリラックスするのはいかがでしょうか。

カルシウムとのバランスで効果さらにアップ

カルシウムとマグネシウムは、1:2~3のバランスが理想的だと言われています。
乳製品などとも組み合わせてメニューを考えるのもよさそうですね。

どうしても食品で摂るのが難しい場合は、サプリメントなども上手く取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

関連記事はこちらからご覧ください

腸内フローラダイエット方法はヨーグルトでOK!ポッコリお腹とサヨナラしましょう

コラーゲンサプリの効果と上手な摂取方法を知りましょう

ラクトフェリン効果は免疫力を高めることで大注目!効果的な摂取方法を教えます

ドーパミンを増やす方法とは?セロトニンの違いも知りたい!

終わりに

いかがでしたか?ビタミンやカルシウムの大切さはよく知られていますが、マグネシウムもとても大切だったんですね。
若さと健康のために、これからはマグネシウムも意識した食生活を心がけてみませんか?

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ