もやしの栄養価と効能がすごい!加熱や調理法で変わる?


1年中激安食材として人気のもやし。

料理のかさましや、代用品など使い方はいろいろで、買い物に行くと必ず購入している人も多いのではないでしょうか。

きっと多くの人がもやしの栄養価について知らず、安くてお腹いっぱいになるからとその魅力的な値段重視で購入していることと思います。

しかし、もやしには驚くような効能があり普段何気なく食べていたもやしにそんな効果があったの!?と驚くことでしょう。

見た目がヒョロヒョロとしている上に、味や臭いも特に特徴もなくそんなに栄養があるように見えないと感じている方!

もやしはとっても栄養価が高いんですよ!

しかし、間違った加熱や調理方法をしているとせっかくのもやしの栄養価が半減してしまいます。

そこで今回は『もやしの栄養価と効能がすごい!加熱や調理法で変わる?』についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

もやしの栄養価とは?

ヒョロヒョロで頼りない見た目とは違い、もやしには実は沢山の栄養が含まれています。

栄養価が高く、でも値段は安い、主婦の味方のもやしにはこんな栄養が入っていました!

まずビタミンC、そして食物繊維、カリウム、アスパラギン酸この4つになります。

もやしにはビタミンとカリウムが特に多く含まれています。

どの栄養も健康を保つためには欠かせないもので、特にビタミンCは風邪予防に効果的な栄養素として有名です。

もやしの効能とは?

もやしの栄養価が分かったところで、その効能についてご説明します。

もやしに沢山含まれているビタミンCは、免疫力を高めることができるので、風邪予防、肝臓機能の補助、免疫力の向上、そしてメラミンを取り除く効果があるので肌が綺麗になることができます。

食物繊維には腸内環境を整えてくれる働きがあるので、ガン予防、便秘解消、ダイエット効果などがあります。

腸に溜まっている老廃物を便として排出することで腸内環境を整えることができます。

カリウムには血液循環を改善する効果があるので、高血圧の改善、疲労回復、免疫力の向上、基礎代謝の向上、ホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。

アスパラギン酸には疲労回復の効果があり、夏バテ予防にも効果的です。

頼りなさそうなもやしですが、こんなに嬉しい効能があったんですね!

【スポンサードリンク】

要注意!もやしの加熱調理法

一見生でも食べられそうなもやしですが、衛生上もやしを生で食べることはオススメしません。

もやしはあまり日持ちしない食べ物ですので、鮮度の関係上生でもやしを食べてしまうと腹痛を起こしてしまうことがあります。

そして、注意しなければいけないことはもやしの調理法で、もやしを加熱し過ぎないことです。

もやしは熱にあまり強くありません。

長時間煮たり、炒めたりすることで豊富な栄養素がなくなってしまいます。

煮る場合は10秒程度、焼く場合は一番最後に加えることでもやしの栄養価を損なわずに食べることができます。

蒸す場合は栄養素が逃げてしまうことはありませんので、特に時間を気にしなくても大丈夫です。

調理法には十分注意して下さいね!

関連記事はこちらからご覧ください

冷しゃぶのお肉を硬くならずに茹でて美味しく食べられる方法はコレ!

きゅうりの賞味期限の見分け方は?腐るとどうなる?

ブロッコリーの茎はどこまで食べられる?茎には栄養がすごいって本当?

あさりの冷凍保存方法と賞味期限は?冷凍で旨みアップするって本当?

アニサキスは加熱すれば大丈夫?予防策は?症状はどうなる?

まとめ

激安食材として親しまれているもやしですが、実は沢山の栄養がありました。

どの栄養価も健康で生活するためには欠かせないものばかりで、もやしを食べるだけで健康になるだけでなく美肌やホルモンバランスを整えてくれる効能があることに驚きました。

しかし、もやしは熱に弱いので加熱する際には10秒程度を目安に調理するようにしましょう。

決して生で食べてはいけません。

正しい調理法で調理することで沢山の栄養価を摂取することができます。

どんな料理にも合うもやしですが、低カロリーなことも嬉しいですよね!

100gあたり12~35キロカロリーしかなく、ダイエット中でも気にすることなく食べることができます。

もやしの素晴らしさが分かったところで、早速今晩のおかずにもやし料理はいかがでしょう?

是非美味しいもやしを沢山食べて下さいね!

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ