なめこの栄養価がすごい!ぬめり成分がダイエットにも効果的?!


なめこ

なめこのぬめり成分がダイエットに効くということで、ここ最近なめこが密かなブームなことをご存知ですか?
なめこは栄養価もすごいんです!なめこは主に、お味噌汁にして食べたりすることが多いかと思います。

でも何を作っても美味しく食べられるなめこで痩せられたら、女性にとってはとても嬉しいですよね。

なめこを食べるだけで痩せるなんて本当でしょうか?

今回は『なめこの栄養価がすごい!ぬめり成分がダイエットにも効果的?!』についてまとめました。

辛いダイエットより、せっかくなら食べて痩せる方法で綺麗に痩せたいですよね!

【スポンサードリンク】

なめこがなぜダイエットにいのか?

きのこ類は食物繊維質が豊富に含まれていますがなめこも例外ではありません。
さらになめこが他のきのこ類にない特徴としてぬめりがああります。

さらに、食物繊維とこの「ぬめり」がほかのどのきのこ類よりも栄養価が高くダイエットに効果を発揮すると考えられています。

なめこのぬめりパワー

一番大事なのはダイエット効果のある「ムチン」を体内に無駄なく体内に取り込むことが重要です。
そのためには丸ごと食べてしまえばいいわけです。

ほとんどのなめこは栽培きのこなので生食できなくもないですが安全のためにも最低限水洗いしましょう。
(なめこの袋にも「加熱してお召し上がりください」と注意書きがあると思います)

よってなめこをさっとゆでた後、お醤油やポン酢をかけて食べましょう。

これが一番効果的だと思います。

また、調理する場合ですがきのこ類の甘み成分の素であるグルタミン酸は加熱するすることで甘みが増しますがなめこの栄養を壊しかねないので調理するのであればぬめりがとれぬよう焼き過ぎないよう、ゆですぎないようにしましょう。

【スポンサードリンク】

なめこの効果

この特有のぬめりは「ムチン」や「ペクチン」という水溶性食物繊維の一種です。

ムチンには胃粘膜を保護して胃炎や胃潰瘍を予防する効果があるほかのどや気管支の粘膜を保護する役割もあり、風邪やインフルエンザなどの感染症を防ぐ作用があります。

また、疲労回復にも効果がありたんぱく質の消化吸収を高めたり、細胞を活性化させて廊下を予防するともいわれています。

ムチンはペクチンとともにコレステロールの改善や血糖値の上昇をゆるやかにし、肥満を防止することから生活習慣病の予防に役立つとされています。

なめこの調理方法

和えものにする場合は軽く水洗いしてから熱湯でさっと茹でてから水気を切ってから使います。

味噌汁やあんかけ、そばに使う場合は水洗いをしたものを入れてひと煮立ちさせたら使えばOKです。

洗うとぬめりが撮れるような気がしますが湯通しなど加熱処理をするとぬめりが強く出ます。

株付きのものはおがくずがついていないか確認。

天然のものは土などの汚れがついてないか確認にして水洗いしましょう。
生のものはカサの開ききっていない、肉厚のものを選びましょう。

鮮度が落ちるとやわらかくなってしまいます。
なめこは年間通して安定して安価で下ごしらえも簡単なダイエットフードです。

関連記事はこちらからご覧ください

ジムは週何回行けば効果的?理想的な通い方は?

枝豆の栄養がすごい!糖質ダイエット中は食べても大丈夫?

チーズは太るの?太らない?糖質制限中でも食べてもいいの?

炭水化物ダイエットの危険性と効果的な炭水化物の摂取方法とは!?

うどんとそばはどっちが太る?そうめんのカロリーは?ダイエット中でも麺が食べたい!!

もち麦効果で−5キロ。正しい食べ方から学ぶ!しっかり食べてダイエットをすれば痩せる体質に!

白湯(さゆ)効果は健康やダイエットで人気モデルもお墨付き!朝と夜の効果や適温の温度を知ろう

ダイエット中でもお酒は飲みたい!カロリーが一番低いお酒や、リバウンドしない飲み方とは?

まとめ

お味噌汁くらいしか使ったことがない方が多いと思いかもしれませんがなめこを餡かけにつかえば片栗粉もいりません。
お肉や魚、豆腐にチャーハンまで幅広く使うことができますよ。

なめこの成分だけを当てにダイエットをせず、食事に加えることで「痩せにくく太りにくい食事」となります。
食事全体のカロリーを気にするのではなく食材のもつパワーを利用しておいしく食べながらキレイになりましょう!

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ