寝違えた時の治し方、首筋、肩、背中を速攻で治す方法は?冷やす?温める?



1日の疲れを取る、睡眠って、とても大切ですね。でも、疲れてソファで、こたつで寝てしまったり、ベットに横になったまま、朝まで寝てしまった…。そんなことは、ありませんか?

そんな時、ついつい寝違えてしまい、首筋や肩、背中に痛みがでてしまって仕事や学校に支障をきたしてしまう。そんなことは、許されませんよね。

では、寝違えた時の治し方は、どうしたら良いのでしょうか?
まず、1番に思いつくことと言えば…、

温める?いいえ、冷やす?のではなかったかな?よく分からなくなります。

では、『寝違えた時の治し方、首筋、肩、背中を速攻で治す方法は?冷やす?温める?』で詳しく調べていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

寝違えた時に起こる痛みの原因

寝違えた時って、痛みを首筋、肩、背中などに感じますが、一体どうして起きてしまうのでしょうか?

それは、寝違えた時に血流が妨げられたことによって代謝物質が滞り、その部分が炎症をおこしているからなんです。

自分ではいつもと同じ姿勢で眠っていたと思ってもいても、寝ている間に不自然な体位で眠ってしまい、

目覚めた時に圧迫されていた部位に痛みを生じるのです。

そしてついつい、手で痛みの部位にそって、マッサージしてしまうことが、多いと思います。

でも、実はそれはタブーなんです。

寝違えた時は、痛みが生じている部位は炎症をおこしています。

そんなときに、炎症がおきている部位をマッサージすると炎症がかえって悪化してしまいます。

なのでマッサージしないで、痛みの部位がどの程度か、どこの部分か観察して対処するようにしましょう。

寝違えた時、冷やす?温める?

寝違えた時の痛み部分には、まず、炎症を抑えるために冷やすことが一番になります。

温めることは、かえって炎症を広げてしまうので対処方法としてはタブーになります。

寝違えの原因は、何度も言いますが炎症、一時的な炎症なんです。

一時的な炎症なので、1、2日冷やすとすぐに治ることが多いです。

また、冷やすと言っても、冷湿布ではなく、氷枕やケーキなどについている保冷剤、アイスノンなどで冷やすほうがいいです。

冷湿布は冷やす効果はなく、スースーするだけで実は冷やしていることではないのです。

スースーしているために、冷えたような気持ちになるだけなんです。

一番いいのは、ビニール袋などに水と氷をいれて痛みの部位にあてるのが良いです。

なので、基本的には冷やすことが一番の対処方法になります。

【スポンサードリンク】

寝違えた時冷やす方法とポイント

では、方法としてはどのようにするのでしょうか?

冷やす方法

  • 1.氷枕、保冷剤、アイスノンなどで5分から10分ぐらい冷やす
  • 2.5分くらい休憩して再び5分から10分ぐらい冷やす
  • 3.この作業を1日なんどか繰り返し実践する

この対処方法で、すぐにほとんど痛みはなくなってくるでしょう。

寝違えた時のポイント

  • 1.寝違えた時の痛みには、温めるのはタブー
  • 2.寝違えた時はまず、冷やす
  • 3.冷湿布ではなく、氷枕や保冷剤、アイスノンなどで冷やす
  • 4.1回の冷やす時間は5分から10分程度
  • 5.痛みが緩和されるまで冷やすことを続ける

関連記事はこちらからご覧ください

にんにくの臭いを即効で消す方法は?翌日に残したくない裏技はある?

疲労回復できる飲み物をコンビニで買うならコレ!即効性があるドリンクも紹介!

こたつで寝るとだるさ、疲れや、むくみの症状に潜む危険性とは?

加齢臭は身体の洗い方で変わる?身体は手でやさしく洗った方がいいって本当?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

寝違えた時の痛みは、激痛がおきることも経験した方もいるのではないでしょうか?

仕事、学校、大事なイベントなどで支障がでては まわりのみんなに迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

また、間違った対処方法で悪化をまねくことも考えられます。適切な対処方法で、痛みを緩和する方法を身につけましょう。

補足として、首筋や肩などは冷やすことに関しては、部位が小さく冷やしやすいですが、背中に広範囲で痛みが生じた場合は、枕などを使用してアイスノンを固定するなどして、工夫することも必要になってきます。いろいろ工夫もして、寝違えた時は対処するようにしてください。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ