妊娠初期に食べて良い物や注意したい食べ物、飲み物とは?


妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養が行くよう食べ物にも気を使いますよね。

なんでもバランスよく食べることは大切ですが、日ごろ食べているものを妊娠しても引き続き食べてもいいのでしょうか・・・・

実は妊娠初期は免疫が低下するために普段は食べても大丈夫なものでも、下痢や嘔吐を引き起こすことがあり注意しなければいけません。

最悪の場合、ママが食べたもので赤ちゃんに異常が出てしまうこともあるんですよ!

お腹の赤ちゃんの栄養源はママが食べる食べ物や飲み物で決まってしまいます。

赤ちゃんを健康に育てるためには、妊娠初期の食べ物や飲み物をどれが安全なのかきちんと知ることがとても重要です。

栄養をしっかりとって、元気な赤ちゃんを出産できるよう準備していきませんか!?

そこで今回は『妊娠初期に食べて良い物や注意したい食べ物、飲み物とは?』についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

妊娠初期に食べて良いものとは?

妊娠は病気ではないので、基本的に食事の制限はありません。

赤ちゃんに影響が出てしまう食べ物を避けて食べたり、量を減らすことでそのリスクを減らすことができます。

まずは食べても良いものからお話しします。

緑黄色野菜は妊娠初期にとても必要な葉酸、そしてビタミン、カルシウム、鉄分、食物繊維などが多く含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

できればサラダよりは焼く、蒸す、煮るなどして温かい料理にした方が野菜の量も食べれて、お腹の冷えも予防できるのでオススメです。

玄米は食物繊維、ミネラル、ビタミン、カルシウムが豊富なので便秘しやすい妊娠初期にはとても効果的です。

大豆食品はタンパク質が豊富で赤ちゃんの体を作る基になります。食物繊維や美肌成分も含まれています。

つわりの最中でも豆腐などはあっさりしていて食べやすいので妊娠初期には最適の食材です。

妊娠初期に特に食べた方がいいものは?

妊娠初期は赤ちゃんの細胞分裂が激しく行われる時期ですので、沢山の栄養が必要になります。

まず妊娠初期に一番取らなければいけない栄養は葉酸になります。

妊娠初期(妊娠3ヶ月)までに積極的に摂取することで赤ちゃんの先天性異常のリスクを減らすことができます。

葉酸はほうれん草、ブロッコリー、枝豆、苺、納豆などに多く含まれています。

厚生労働省は1日400㎍の摂取を勧めていますが、食品だけでこの量の葉酸を摂取することはとても難しくサプリメント等などで補うことが一番手軽な方法になります。

妊娠初期は添加物などに注意する必要がありますので、値段が安いものは添加物が入っていることもあります。

無添加、無着色などの製品を選ぶことをおススメします。

妊娠初期にサプリメントを服用することが心配な方もいると思いますが、妊娠初期に服用可能と記載されているもので、放射能検査をしている商品であれば服用しても問題ありません。

最近のサプリメント会社ではサポートセンターも充実しているので、不安なようであれば電話で問い合わせることもできます。

【スポンサードリンク】

妊娠初期に食べてはいけない食べ物!

お刺身、生牡蠣、生肉、生卵と加熱せず生で食べるものは控えるようにしましょう。

食品にはいろいろな菌が付いていて、加熱せずに食べることで菌が体内に入ってしまいます。

妊娠初期は免疫が下がっているのでノロウイルス、サルモネラ菌などの食中毒に感染し下痢や嘔吐、発熱などを引き起こすことがあります。

食中毒に感染することで赤ちゃんに影響が出ることもあるのです・・・

塩分は沢山摂取しすぎてしまうことで妊娠高血圧症を引き起こす原因となりますので、妊娠中は塩分を控えるようにしましょう。

目安としては1日7gを目指すといいでしょう。

水銀を含むマグロは鉄分を多く含んでいて貧血予防にはいいのですが、水銀を多くとることで赤ちゃんに先天性異常が出てしまうことがあるので加熱していても控えた方がいい食べ物です。

妊娠初期に飲んではいけない飲み物

アルコールは当然ダメなのですが、カフェインも控えた方がいい飲み物です。

カフェインを飲むと流産などを起こしやすくなる原因物質が入っているため、赤ちゃんの健康に悪影響を与えてしまうことがあります。

全くダメというわけではありませんが、1日1杯程度にしましょう。

妊娠初期はつわりがひどくなる時期で、さっぱりとした炭酸の入ったものが飲みたくなります。

ジュースには沢山の砂糖が入っているので、炭酸を飲むのであれば炭酸水をオススメします。

関連記事はこちらからご覧ください

妊娠中に足がつる!睡眠中や寝起きには要注意!予防と対策を知ろう

出産の痛みが怖い!例えるとどんな痛さ?耐えられないほど辛いの?

妊娠中に足がムズムズ!『むずむず脚症候群』ってなに?

妊婦中の食事でダメ(NG)な食べ物リストを知ろう!積極的に食べて欲しいものも紹介!

産後1ヶ月の過ごし方は?家事はほどほどに!安静にしてほしい理由とは

まとめ

妊娠初期には赤ちゃんを育てるために食べても良い、野菜や大豆製品、玄米など積極的に食べるようにして下さい。

気を付けなければいけない食べ物は生の食品、マグロなどの水銀を含む魚になります。

飲み物はアルコールやカフェイン、砂糖の多く入ったジュースなどに気を付けるようにして下さい。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ