炊飯器の保温は何時間まで?いつまで大丈夫?美味しさを保つ方法とは?


炊飯器の保温は何時間までか気になったことありませんか??

炊飯器を開けたらせっかくのご飯が黄ばんでいた、ちょっとにおう、パサついている…これは保温時間が長すぎたせいかも知れません

実は炊飯器の保温は、何時間でもOKなわけではなかったのです。

『炊飯器の保温は何時間まで?いつまで大丈夫?美味しさを保つ方法とは?』では、炊飯器でご飯を美味しく保温できる時間をメーカー別にまとめました。

残念ながら、ご飯の美味しさはいつまでもキープできるものではありません。ご飯の美味しさを少しでも長く保つための、上手な保存方法もご紹介します。

【スポンサードリンク】

炊飯器でご飯を保存できるのは何時間まで?

メーカーによって、保温できる時間に差はあるのでしょうか。

炊飯器各メーカー別、ご飯を保温機能で保存できる限界時間は?

【シャープ】 ヘルシオ炊飯器は24時間まで

【パナソニック】

IHジャー炊飯器の場合 24時間までの保温がオススメです。

マイコン式炊飯器の場合 12時間までの保温がオススメです。

出典:Panasonicサイト よくあるご質問「ごはんの保温は通常、何時間まで可能でしょうか?」

【象印】 保温の設定によって12時間~30時間までと、保温上限時間に幅があります。

【三菱】 24時間以内の保温がお勧めということです。

メーカーや機種によって保温ができる最長時間に差があるようですね。

最長で30時間まで、平均は24時間までとなっているようです。

ご飯を少量だけ保温するコツは?

少量のご飯を保温するのは、変色やパサつき、においが起きやすいものです。

炊飯器メーカーがお勧めする、少量のご飯を保温するときのコツをご紹介します。

少量のご飯を保温する場合は、できるだけご飯を中央に寄せ、内釜に触れる面積を減らした状態での保温をオススメいたします。

出典:Panasonicサイト よくあるご質問「ごはんの保温は通常、何時間まで可能でしょうか?」

保温できないご飯もあります

炊き込みご飯や豆ご飯などの具材が入っているもの、酢飯、玄米など「白ご飯以外」のご飯は保温できません。

具材や調味料、お米の殻などがご飯の傷みを早めたり、内釜に匂いが移る原因になるからです。

※玄米ご飯や雑穀米ご飯の保温ができる炊飯器もあります。

【スポンサードリンク】

ご飯の美味しさを保つ保存方法とは?

安全に食べられる保温時間と、美味しく食べられる保温時間には差があるようです。

JA全農秋田のサイトによりますと、炊飯器の保温で美味しく食べられるのは4時間まで。それを超えると味が落ちるということです。

JA全農秋田さんでは、炊き上がりから5時間以上食べない場合はラップに包んで冷凍保存することをお勧めしています

ご飯を美味しく冷凍保存する方法

1.ご飯が熱いうちに、1膳分ずつラップの上に四角く平らに広げて包みます

このとき、ギュッと押してご飯の粒を潰さないように気を付けてください。

2.ご飯が冷めたら、冷凍庫に入れます。

冷凍庫にアルミのトレイがある場合はその上に、ない場合はアルミホイルを一度シワくちゃにしてから広げたものの上にご飯を置くと、急速に冷凍できて美味しさがより保てます。

この方法で、約1か月間美味しく保存できるということです。食べるときは電子レンジで解凍してください

ご飯の冷蔵庫保存をお勧めしない理由は

ご飯を冷蔵庫で保存すると、ご飯の水分が抜けるのもデンプンの劣化も抑えることができず味がどんどん落ちていきます。

残ったご飯は冷凍庫に入れるのが、最も美味しく保存できる方法です。

関連記事はこちらからご覧ください

こんにゃくの臭み取りはレンジで簡単に!あくも同時に取れる方法は?

ウェルシュ菌の対策は?カレー以外でも発生する食べ物とは?

ゆで卵は冷凍可能?日持ちで最適な方法は冷蔵保存?

あさりの冷凍保存方法と賞味期限は?冷凍で旨みアップするって本当?

砂糖と塩の賞味期限は?適切な保存方法を紹介!

アルミホイルに裏表はある?電子レンジやオーブンは使えるの?20

硬いお肉を柔らかくする5つの方法を伝授します!

まとめると

ご飯を美味しく保存する方法まとめ

  • 炊飯器の保温は、機種により12時間~30時間まで。平均は24時間。
  • 美味しく食べるなら、できるだけ炊き上がりから4時間以内に。
  • 5時間以上食べない場合は、ラップに包んで冷凍保存。

ご飯は炊き立てが美味しいのはもちろんですが、やむを得ず保温しておかなければいけない場合もありますよね。

ご家庭の炊飯器の取扱説明書で、保温時間は最長で何時間までOKなのか、白米以外のご飯も保温できるのか確認しておくといいですね。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ