山菜採りの時期はいつからいつまで?道具や服装も紹介します!


厳しい寒さが和らいで山菜などが芽を出し始め、春の息吹きを感じられる季節になってきましたね。

ところで、みなさんは山菜を食べたことがありますか?

ちょっと苦味があったり、あくが強かったりしますが、日本では古くから親しまれてきた食べ物で、独特の風味を持っていますよね。

せっかく食べるなら自分で山菜採りをしてみたい、と思っている方もいらっしゃるでしょう。

自分で採った新鮮で美味しい山菜を食べられたら最高ですよね。

しかし、山菜採りの時期や種類、必要な道具や服装などわからないことがたくさん!

今回は『山菜採りの時期はいつからいつまで?道具や服装も紹介します!』をお届けします。

【スポンサードリンク】

山菜とは?

山菜というのは山野に自生している食用植物の総称で、日本固有の呼び方です。

一方、野菜というのは食べることを目的として栽培された植物のことで、タラの芽やウルイといった山菜も、食べるために栽培されてスーパーなどで販売されているものは野菜と区分されるようです。

また、山野に自生している植物の総称を野草といいますが、ヨモギやノビルは食べられる野草として有名です。

山菜採りの時期はいつからいつまで?

代表的な春の山菜が採れる時期

  • 2月~4月頃
  • つくし

  • 3月~5月頃
  • カンゾウ・ふきのとう・ゼンマイ

  • 4月~5月頃
  • ウルイ・セリ・タラの芽

  • 4月~6月頃
  • コゴメ(青こごみ)・イッポンコゴミ(赤こごみ)・青みず・ウワバミソウ(赤みず)・コシアブラ

  • 4月~7月頃
  • ワラビ

  • 5月~6月頃
  • ミョウガの芽

【スポンサードリンク】

山菜採りに必要な道具や適した服装

山菜採りは登山やピクニックとはまた違う、特殊な道具や適した服装を準備することが必要になってきます。

山菜採りに必要な道具

  • 山菜採り用のナイフ・小型の鎌など
  • 山菜を採るのはもちろん、絡まったツルなどを切るのにも便利です。

    キッチンバサミも重宝しますよ。

  • 山菜を入れる袋やカゴ
  • 山菜を採った時にできる切り口がとがっていたり、中にはとげがついている物もあるので、袋は厚手で丈夫なものがいいでしょう。

    リュックタイプだと両手が空くので動きやすいです。

    しょいかごは通気性が良く、山菜が蒸れにくいので鮮度を保ちやすいですよ。

  • 虫よけスプレー
  • 山にはいろんな虫やダニがたくさんいます。特にマダニはウイルスを媒介するので注意が必要です。

  • 携帯電話や周辺機器など
  • 一緒に行った仲間とはぐれたり、遭難事故なども起こり得ます。

    携帯電話やポータブル充電器は必ず持っておくようにしましょう。

    防水ケースもあると、水気の多い場所や突然の雨でも安心です。

  • 熊よけの鈴やラジオ
  • 音を発していれば熊は近づいてこないそうです。

    複数人で行ったときは、各自が鈴を持っていれば、はぐれたときなどにも便利ですよ。

山菜採りに適した服装

  • 長袖・長ズボン・ツナギ
  • 植物に触れるとかぶれたりする物もありますし、虫やけがを防ぐこともできます。

    袖口や首周りが空いていないものを選びましょう。

    また、急な天気の変化にも対応できるようにウインドブレーカーやジャンパーなどを持っておくと安心です。

    普通の登山と違って服は傷みやすいので、丈夫な生地のものがおススメです。

  • 軍手・帽子
  • けがや日よけのためにもなるべく露出は避けましょう。

    虫よけネット付きの帽子も便利ですよ。

  • トレッキングシューズ・登山靴
  • 山登りに適した靴を選びましょう。湿地や水気の多いところは長靴が便利です。

    スパイク付きのものだと滑りにくくて安全ですね。

黒い服や甘い香りのする香水は、蜂を引き寄せるので避けた方がいいですよ。

関連記事はこちらからご覧ください

関東イチゴ狩りの時期は?親子で気軽に楽しめるイチゴ狩りの場所を紹介します!

2017年潮干狩りの時期はいつからいつまでがベスト?家族で楽しむポイントとは?!

家族連れプールの持ち物リストはコレ!赤ちゃんと子どもとプールに行きたい!

さいごに

山菜は見た目が似ていても種類が違う物がたくさんあり、中には毒性を持つものもあります。

豊富な知識と経験が必要なので、事前にしっかりと下調べをし、山菜に詳しい人と一緒に行くことをお勧めします。

また、山林には必ず所有者がいるので『関係者以外立ち入り禁止』などの看板がないかどうか、きちんと確認をしてから入るようにしてくださいね。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ