バレンタインチョコを彼氏や本命に渡す上手なテクニック法とは?


もうすぐバレンタインですね!女の子にとっては楽しみでもあり、緊張するイベントではないでしょうか。

大好きな彼氏や、彼に本命チョコを渡したいけれど恥ずかしい、成功するか不安だと思っていませんか?

実はバレンタインはただチョコを渡せばいいというわけではありません。成功している人には渡すテクニックがありました!

そこで今回は『バレンタインチョコを彼氏や本命に渡す上手なテクニック法とは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

バレンタインに彼氏や彼に本命チョコを渡す方法!

まずチョコを渡す時は、好きな人と2人きりで会うことが大切です。

本命の彼又は彼氏と1対1で会うことで好意を持っていることをアピールします。

もし好きな人が職場の同僚だったり、あまり会話したことがない人で2人だけで会うことが難しい場合は、バレンタインまでに2人になれるきっかけを事前に準備しておきましょう。

挨拶程度から始め、趣味や共通の話題などを会話し、デートまでいかなくてもちょっとした時間に2人なれる環境を作れるようにします。

これでチョコを渡す準備の完成です!

感情のギャップを上手く利用し、彼にドキドキしてもらう雰囲気で渡しましょう

    男性は感情のギャップに弱いものです。

    好意を持っている人からすんなりチョコをもらってももちろん嬉しいですが、もらえないかもとがっかりしている所でチョコをもらうことの方がもっと嬉しいと感じます。

    このギャップを利用し、2人きりになっているところで普通の会話をし、帰り際にそっとチョコを渡しましょう。

    バレンタインに2人で会えば当然男性側はチョコをもらえるものと思っています。

    しかしチョコを最後に渡すことで、もしかしてチョコをもらえないのでは?と男性に少しでも思わせることが上手いテクニックです。

    さらにこの時に「緊張して渡せなかったの」や「頑張って作ったよ」などと、どれだけ彼のことを想っているかをさりげなくアピールしましょう。

バレンタインチョコに一工夫して本命彼に気持ちを伝えよう!

本命の彼や彼氏を前にして自分の想っていることをきちんと伝えられる人は少ないと思います。

渡した後で言えば良かったと思う一言が必ず出てくるものです。

場合によっては2人きりでいる所に誰かが来てしまうこともあります。

そんな時の為に自分の気持ちを書いた手書きのカードを用意しておきましょう!

彼や彼氏との思い出や感謝の気持ち、どんなふうに想っているかなどあまり重くならない程度に書くことが望ましいです。

男性はプレッシャーをかけすぎると逃げたくなってしまうので、適度に伝えることが重要です。

【スポンサードリンク】

チョコの渡し方で成功率が変わる!?

先程も説明しましたが、男性はギャップにものすごく弱いです。

本命彼や彼氏にチョコを渡すときは普段と違う場所や、服装で会いましょう。

頑張ってお洒落をしてみたり、夜景の綺麗な場所でチョコを渡すだけでも成功率が違ってきます。

自分の為にお洒落をしている女の子を見て彼はドキドキしているはずです。

バレンタインに彼氏の為に女の子が作ろうとしているチョコとは?

本命の彼や彼氏にどんなチョコを渡すか悩みますよね。

一番喜ばれるのは彼の好みに合ったチョコですが、好みが分からない人はこちらを参考にして下さい。

手作りバレンタインの人気メニュー

    これはバレンタインに女の子が作ろうと思っているお菓子の人気ランキングです。

    1位 チョコレートブラウニー
    2位 ガトーショコラ
    3位 生チョコ
    4位 チョコレートクッキー
    5位 トリュフ

    手作りバレンタインは料理できるアピールをするには絶好の機会です。

    料理が苦手という人は事前に何回か練習することをおすすめします。

    男性は見た目よりも味が勝負ですので、本命彼の胃袋をしっかりとつかめるよう頑張って下さいね!

手作りが苦手という方も落ち込む必要はありません。

市販のものでも彼が喜びそうなものをイメージしながら探せばきっと気持ちは伝わります。

入手困難なチョコや少し高級なチョコ、彼が本命だよという気持ちを分かってもらうことが大切です。

関連記事はこちらからご覧ください

浴衣デートの持ち物3つ!これだけあれば女子力UP間違いなし!

まとめ

バレンタインに彼氏又は本命の彼へチョコを渡す際は普段とのギャップを使い、自分の気持ちをきちんと伝えられるようチョコだけでなくメッセージカードを付けることが上手いテクニック法になります。

緊張するかと思いますが、本命の彼と2人きりになれる環境を作り、彼に想いを伝えましょう!

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ