冬の結婚式にタイツはNG?それともOK?結婚式のマナー大丈夫?


結婚式にお呼ばれするのはとても喜ばしいことですよね。

女性にとっては、おしゃれをして出かけられるのも嬉しいし、久しぶりに会う仲間や親戚と過ごすひと時も楽しみの一つでしょう。

しかし、寒い真冬の結婚式の場合、特に冷え性の人にとっては足元が冷えるのは非常につらいと思います。

そういう時は結婚式でもタイツを履いて良いのでしょうか?

足元についてもフォーマルのマナーがあるので、きちんと確認してから服装を考えたほうがよさそうですね。

今回は『冬の結婚式にタイツはNG?それともOK?結婚式のマナー大丈夫?』をお届けします。

【スポンサードリンク】

冬の結婚式にタイツはNG?

基本的に結婚式にタイツを履くのはNGなんです。寒いとは思いますが、ストッキングを履くのが基本。

おめでたい席なのでラメ入りのものや、柄物のストッキングも華やかですが、薄手の肌色ストッキングを履くようにしましょう。

くるぶしあたりに小さなワンポイントがあるぐらいだったら、見た目も上品なのでOKですよ。

厚いタイツはカジュアルに見えるので肌色であっても避けるようにしてくださいね。

どうしても足元が冷えて辛い場合は、ストッキングを重ね履きしたり、足裏用のホッカイロを貼るなど、見えないところでひと工夫しましょう。

ドレスの中に腹巻をしたり、薄手のものを重ね着したりして、上半身を温めるのも一つの方法ですが、どの会場でも暖房が効いているので、場内はそれほど冷えることはありません。

冬の結婚式で気をつけるべき足元マナー

タイツ以外に注意すること

  • 黒色のストッキングは避ける
  • 黒は細身に見えるし、落ち着いた雰囲気を出すことができますが、お通夜・お葬式などの不祝儀をイメージさせる色ですよね。

    特にご年配の方は印象良く思わないので、結婚式では履かないようにしましょう。

  • 素足は避ける
  • 結婚式会場はかなり暖房が効いていて、冬でもかなり暑く感じる人もいるでしょう。

    しかし素足はマナー的に良くないので、必ずストッキングを履いてくださいね。これは夏でも同じです。

  • ブーツは避ける
  • 寒いと言ってもブーツはフォーマルな場には不向きです。

    その他、サンダルやミュールもNG。ヒールのあるパンプスを履くのが無難です。

【スポンサードリンク】

結婚式の服装マナー

足元以外のマナーもチェックしよう

  • 新郎新婦より目立つ服
  • 女性は肌の露出の多い服や、スパンコールが全身にたくさん付いた服。

    男性は派手すぎるスーツや、あまりにも個性的な服などは避けるようにしましょう。

    あくまでも主役は新郎新婦だということを忘れないように。

  • 皮革製のバッグ
  • 特に蛇皮など、爬虫類の皮を使った皮革製品は『殺生』をイメージさせるので、結婚式に持っていくのは避けた方が良いと言われています。

    ビニールやコットン製のバッグもカジュアルすぎるのでNGです。

    会場内に持ち込むバッグは、邪魔にならないよう最低限の物を入れ、エナメル・ビーズ・パールなどをあしらったクラッチバッグかショルダーバッグが無難でしょう。

  • 毛皮素材の物
  • 毛皮のついたファーなども『殺生』を連想させるということからNGとされています。

    また、食事の場で毛が抜けて飛んだりする可能性があるので、衛生面から考えても避けた方がいいですね。

    ドレスの上にコートやボレロなどの羽織物は許容されつつありますが、クロークに預けるなどして、会場に持ち込まないようにしましょう。

関連記事はこちらからご覧ください

入院見舞いで必要なマナー、見舞い品や金額相場をチェックしましょう

おわりに

結婚式はおめでたい席ですし、新郎新婦の友人や会社関係の方、親戚の方など、いろんな人が集まる場でもあります。

マナーを守って、どなたにも気持ちいい印象を与えるように心掛けたいですね。

また、普段あまりしないアクセサリーなどを身につけたりすることで、ストッキングを伝線させる恐れがあります。

バッグの中にストッキングの予備を入れておくと安心ですよ。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ