ゆで卵は冷凍可能?日持ちで最適な方法は冷蔵保存?


ゆで卵は冷凍可能か気になったことありませんか??スーパーで卵が特売だったからついつい沢山買ってしまい、使いきれなくて賞味期限が迫っている!こんなことや、帰省や旅行で長期間家を空けている間に卵の賞味期限が迫っていた!

なんてこと、忙しい主婦には一度は経験があるかもしれませんね。最近では生卵を冷凍してから使用すると味が濃くなって美味しくなると話題になっています。

では、ゆで卵も冷凍したらどうなるか気になりませんか?

生卵より美味しくなるのでしょうか?そして保存期間を延ばすことができるのでしょうか?

なんでも冷凍したがる主婦としてはとても気になるところです。

それにゆで卵を冷凍できたら、沢山作って下準備ができ、調理の時短までできます。

そもそも、卵を日持ちさせる一番最適な方法はやはり冷蔵保存なのでしょうか?もっともっと卵を日持ちさせる方法が知りたい!

そこで今回は『ゆで卵は冷凍可能?日持ちで最適な方法は冷蔵保存?』についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

ゆで卵の冷凍は可能か?

生卵の冷凍は、冷凍することで味が濃厚になり美味しくなります。

そして、ゆで卵の冷凍は・・・・見た目は成功のように見えます。

しかし、一口食べてみると白身がゴムのような歯ごたえになってしまい、一応食べれますが美味しくはありません。

黄身の部分は冷凍前と味は変わりません。

白身の水分が抜けてしまい、ゴムのような美味しくない歯ごたえになってしまいました。

ゆで卵の冷凍は美味しくない、つまりゆで卵の冷凍は不可能ということになります。

ゆで卵を日持ちさせるには冷蔵保存?

ゆで卵を保存する場合、先ほどもご説明した通り冷凍では保存できません。

ですので冷凍以外の方法で保存をするしかありません。

ゆで卵は基本、殻をつけたまま保存するようにしましょう。

殻を剥いて保存する場合、菌の繁殖や乾燥により日持ちしません。

ゆで卵を常温で、殻なしの場合半日程度しか保存することができません。

殻ありの場合でも常温では1日以内がいいと言われています。

殻ありで冷蔵保存にすると3日間程度保存が可能です。

【スポンサードリンク】

ゆで卵をもっと長く日持ちさせる方法!

沢山ある卵を消費するには3日では時間が足りないはずです。

しかし、ゆで卵を冷凍することは不可能・・・そんな時にとても役立つ方法がありました!

それはゆで卵を調理してから冷凍する方法です。

フィリングと呼ばれるサンドイッチの卵のようなものを作ることで、そのまま冷凍することができます。

このフィリングを作ることで同じゆで卵でも、少し手を加えただけで美味しいまま冷凍することができます。

もちろん解凍しても味が落ちてしまうことはありません。

早速ゆで卵フィリングの作り方!

作り方はとても簡単です。

  • ①ゆで卵数個を固めに茹でます
  • ②ゆで卵の殻を剥き、ボールに入れてフォークやスプーンで細かくなるまで潰します
  • ③ゆで卵にマヨネーズ、塩、コショウをお好みで入れましょう
  • ④出来上がったフィリングを保存袋に入れて空気を抜き冷凍します

出来上がったフィリングは1カ月冷凍庫で保存することができます。

食べるときは常温で戻さず、冷蔵庫に入れて解凍するか、レンジで加熱して解凍するようにしましょう。

関連記事はこちらからご覧ください

ゆで卵の時間、簡単からむき方法、作り方、日持ちはどのくらい?

もやしの栄養価と効能がすごい!加熱や調理法で変わる?

小麦粉の保存方法は?冷蔵庫で保存すればダニの繁殖を防げる?2

まとめ

ゆで卵を保存するには冷凍保存はできません。冷凍してしまうと白身がパサパサになってゴムのような触感になってしまいます。

とても美味しくなくなってしまうのでオススメできません。

ゆで卵を冷凍する場合はフィリングと呼ばれるゆで卵を潰して味付けしてから保存袋に入れて冷凍するようにしましょう。

ゆで卵を冷凍以外で保存する場合は必ず殻付きで保存した方が長期間保存できます。

ゆで卵の殻なしで常温の場合、半日しか日持ちしませんので注意して下さい。

ゆで卵を冷蔵保存する場合は3日間保存が可能です。

ゆで卵を温める場合は電子レンジで加熱すると、爆発してしまいとても危険ですので絶対にしてはいけません。

フィリングしたものだけ加熱するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ