冬のエアコン設定温度は?節約、節電方法を紹介します!


冬って寒くてついつい設定温度、高くしちゃいませんか?

そして、乾燥しちゃったりして肌はカサカサになったり、温度を高くしすぎて温かくて居眠り…。

温度が高いと電気代も高くなったりするのかな?なんて疑問もありますよね。

実際、冬のエアコンの電気代って高くないですか?夏に比べると高い電気代。

そんな疑問を解消、「冬のエアコン設定温度は?節約、節電方法を紹介します。」にまとめてみました。

【スポンサードリンク】

冬のエアコン設定温度

環境省によると、冬の暖房時の室温の目安を20℃にしているのです。

20℃って寒くない?

実は上手く扇風機などを利用し、冷気を循環させて、断熱シートで室温を保つことにより、快適暖か室温で過ごすことができるのです。

では、詳しくその方法について見ていきましょう。

エアコン暖房、扇風機を使って暖かく過ごす

暖かい空気はなんと、部屋の上部に溜まるのです。

そこで、扇風機を使って暖かい空気を循環させると20℃の設定温度でも十分暖かく過ごせるのです。

扇風機を自分たちに当てず、天井に向かって扇風機を回します。

こうすることにより、暖かい空気が循環して室温を一定に保つことができるのです。

エアコンの電気代が節約できる運転方法

エアコンの電気代を最も節約できる方法として有名なのは、「自動運転」なんです。

エアコンは室内気温を設定温度にするまでの間が一番大きな消費電力を使うようです。

「自動運転」は、室内気温を設定するまでの間は最大運転をして、設定温度になってからは弱運転で設定温度を保ってくれるんです。

設定温度にするまでの時間が短いほど電気代は抑えられるので、短時間で設定温度にしてくれる「自動運転」が電気代を節約できる近道と言えます。

【スポンサードリンク】

窓の断熱で電気代節約

窓の断熱方法

  • カーテン、ブラインドで窓を断熱
  • 断熱シートで窓を断熱
  • 断熱ボードで窓を断熱
  • 断熱フィルムで窓を断熱
  • 窓ガラスを断熱にする

冬のエアコン、暖房って電気代は馬鹿になりません。

実は暖めた室温を保つために欠かせないのは、「窓の断熱」なんです。

窓の断熱を工夫することで、電気代の節約になります。

窓の断熱で電気代が節約できるしくみ

では、次に窓の断熱で電気代が節約できるしくみについて、調べていきたいと思います。

エアコンで部屋を暖めても、その熱がすぐに外に漏れてしまうことにより、エアコンはどんどん暖かくしなくては、と熱を送ります。

そのことにより、電気代をどんどん使ってしまうのです。

そこで、窓の断熱をすることにより、一定の温度を保つことができて電気代の節約につながるのです。

関連記事はこちらからご覧ください

サーキュレーターでエアコンの節電をしよう!効果的な使い方で電気代を安くする!

エアコンの除湿は電気代が高い!?賢いエアコンの使い方を伝授!!節約家はみんなやってます!

こたつで寝るとだるさ、疲れや、むくみの症状に潜む危険性とは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?寒いからと言ってむやみやたらに、温度を高くして室温をあげてもお部屋が暖まらない。

それだけか、エアコン代って高いと思っていただけで、きちんと温度設定をしてみれば、意外と安くなって節約できるものなんだな?と気づかされるかもしれません。

私も節約方法を知るまでは、高い温度設定でガンガンエアコンをかけていました。

この記事を作成するにあたって、参考になりまた無駄な電気代を省きたい、そんな気持ちになりました。

この記事を読んでくださっている皆さん、少しの努力で1か月の電気代を1000円でも安くすれば、一生で計算してみると大幅に節約できます。

簡単なことからから始めてみてはいかがでしょうか?電気代節約。是非検討してみください。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ