Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日傘は完全遮光とUVカット99%どちらが良いの?日傘を選ぶポイントは?


紫外線から体を守るためにどうしても外せないのが日傘。

日陰になって涼しいですし、手放せない人も多いはず。

頑張って日焼け止めを塗ってサングラスをかけても、やっぱり日傘には敵いませんよね。

そんな日傘ですが、どのような性能を選んだらいいのでしょうか。

日傘は完全遮光とUVカット99%どちらが良いの?日傘を選ぶポイントは?の中で、自分に合う日傘選びのポイントを見つけていただけたらと思います。

少しでも浴びる紫外線を減らせるのはどちらなのか、それぞれの意味はどう違うのか。色々とまとめていきますので、参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

日傘とは?雨の日でも使えるの?

日傘は、強い日差しや紫外線を遮るためにさす傘です。

傘を何本も使い分けるのって、面倒ですよね。
天気予報が雨だけど今は晴れている…なんて時に、傘を2本持って出るのは大変。

そんなことから、今では晴れ雨兼用の傘が売られるようになりましたが、疑問に思うところがあります。

晴れの日専用の傘と、晴れ雨兼用の日傘。一体何が違うのでしょうか。

晴れの日専用の日傘

    水に濡れることを想定していないので、生地が繊細です。撥水加工がされていないために、雨に濡れると生地が傷んでしまったり、色が落ちてしまったりします。

晴れ雨兼用の日傘

    雨に濡れても大丈夫なように、撥水加工が施されています。紫外線を遮るUV加工や遮光性のある布を、更に上から撥水加工してあると考えてください。

そしてもう一つの疑問。雨傘は日傘として使うことはできないのか?

雨上がりの日差しはとても強いですよね。そんな時、手元にある雨傘を日傘に代用出来ないものかと考える人も多いと思います。

雨傘を日傘として使えないの?

    使えます。使えるんです!しかも、黒系の傘であれば、紫外線を90%以上カットしてくれるのだそう。もはや日傘と大差ありません。

日傘のようにおしゃれなデザインでなくても、UV加工されていなくても、紫外線を防げるのなら是非使いたいですよね。

ん?そういえばUV加工ってなんでしょうか。詳しく調べてみましょう。

UVカットって?

UVカット日傘


UVとは、紫外線のこと。英語で≪ultraviolet≫と書くことから、略されてUVと呼ばれています。

その紫外線を通さないための加工がされているものが、UVカットと言われているのですが、それは紫外線を吸収する素材や、反射する素材を生地にコーティングすることでUVカットを実現させています。

UVカット加工には寿命が!?

    生地を傘に仕立てる前に、生地を薬品に漬け込みます。その薬品の効果は永久ではなく、消費期限があります。UVカット加工された日傘の寿命は、大体2~3年と言われています。

その他、生地が傷み、糸と糸の隙間が広がったりすることから、日傘の寿命もそのくらいと考えたほうが良さそうです。

【スポンサーリンク】

UVカット99%の日傘

UVカットのための反射材や吸収材を生地にコーティングするのですが、その他にも99%近く紫外線を遮断するために工夫されています。

◆生地が厚い

◆色が濃い

このような工夫とUVカットコーティングを駆使することで、99%カットを実現しているのですね。

完全遮光の日傘

洋傘の業界団体であるJUPA(日本洋傘振興協議会)が定めている検査があるのですが、そこで紫外線や遮光性の試験をした際に100%遮光出来ているものを完全遮光という言葉に変えて、業者が売り出しています。

※JUPAでは、例え100%遮光してあったとしても、≪完全遮光≫という表現はしないそうです。≪遮光1級日傘≫という言い方をし、遮光性が99.9%以上の物を指すそうです。

完全遮光日傘の特徴

太陽光線には、UV(紫外線)以外にも様々な物質が含まれています。

その中には人間が熱を感じる赤外線や可視光線と呼ばれるものがあるのですが、『遮光=太陽光線を遮断する』なので、暑さも凌いでくれるわけです。

夏のじりじりとした暑さという表現をしますが、日差しが強いと肌がチリチリとするような暑さを感じるのは、この赤外線と可視光線のせいだったのですね。

UVカット99%と完全遮光の日傘、どっちがいい?

以上のことから、日焼けによるシミなどの防止がしたいのならUVカット99%の日傘で十分。

涼しさも共に求めるのであれば、完全遮光の日傘がいいと思います。

ちなみに、完全遮光の日傘は、≪完全遮光≫ですから、UVももちろんカットされています。
そう考えると、UVカットしてくれる上に涼しい完全遮光の日傘がお得な感じがしますよね。

関連記事はこちらからご覧ください

日焼け止めの使用期限は?未開封の期限はどのくらい?1年前の使用済みはNG ?

夏バテ防止!食べ物で体力アップできるものとは?夏は積極的に食べて欲しい4つ!

脇汗対策は生活習慣、食事、運動、睡眠を見直すことで改善できること知ってますか?

初夏とはいつからいつまで?立夏との違いは?盛夏の時期は?

まとめ

日傘は完全遮光とUVカット99%の違いについて、どう違うのかわかって頂けましたか?
暑い夏は、少しでも涼しくいたいので、完全遮光の日傘を使用していますが、本当に涼しいので個人的にはオススメです!

ただ、日傘が重かったりすると荷物になるので手軽に持ち歩けるものを探して見てはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ