夏の飲み物は常温で!健康や熱中症対策に最適な理由とは?


熱中症

みなさんは、夏になるとついつい冷たい飲み物を飲みたくなりませんか?でも実は夏こそ常温で飲み物を飲んだ方が、身体にはとても良いんです!!そして、やっぱり暑くなってくると気になるのは熱中症ではないでしょうか?

年を召してくると暑さがだんだんわからなくなったり、クーラーをつけなかったりしますよね。

特に、高齢者の熱中症には気を付けないといけないのですが、中々対策をするのも面倒だったりしますよね。

今回は『夏の飲み物は常温で!健康や熱中症対策に最適な理由とは?』についてまとめました。

少し気をつけるだけでも効果はあるので、ぜひ参考にしてください。

【スポンサードリンク】

熱中症対策には常温、冷水どちらが良い?

夏はどうしても冷たいものを一気に飲み干したくなりますが、夏に多い熱中症対策としては、常温の水を飲むと良いって知っていましたか??

水には身体に浸透しやすい温度があります。「じゃあ、その温度で飲めばいいのか!」と思うでしょうが少し違います。
冷水が一番浸透しやすいのですがダイエッターなどの方からは「常温がいい」といいます。

なぜかというと冷水は胃腸に負担をかけ体を冷やしてしまいます。
ですので吸収率は悪いですが胃腸に負担をかけず体を冷やさない「常温」がいいのです。

「常温」はダイエットにもデトックスにもいいですよ。
ただ「冷水」にも長所はあり、炎天下での運動や激しい運動では吸収率の早い冷水がいいです。

1日に何リットルの水分が必要なの?

1日に人間は汗や尿で1.5リットル排出するのでその分補給しなければいけませんよね?1.5リットルといえば大きなペットボトル1本分くらいありますからね。

結構大きいです。本当ならデトックス作用なども考えて2リットルはとりたいところですね。あと水分補給は少しづつ。「がぶのみ禁止」です。

腎臓に負担かけちゃいますからね。

【スポンサードリンク】

熱中症と水分補給

まず、熱中症とはなんでしょう?体温が上昇するると元の体温に戻そうと汗をかきます。汗をかくために筋肉や血液は酸素を必要としますが水分量が少ないと酸素が滞りいろんな機能が低下します。そのため脱水症状を起こします。

脱水症状になると

  • 頭痛や吐き気
  • 倦怠感
  • けいれん
  • 意識障害

というような症状があらわれます。

そのまま放置してたら死に至ることもあります。

脱水症状にならないポイントは

用意するもの

  • のどが渇く前にのむ
  • 何回かに分けて飲む
  • 冷やしすぎない
  • 塩分と糖分が適切に含まれてるものを飲む

【のどが渇く前にのむ】
人間は水分が不足したときに「のどが渇いた」とサインを送ります。
つまりのどが渇いた、と思うときはもう水分不足なのです。

【何回かに分けてのむ】
熱中症にやってしまいがちなのが大量の水分をとってしまうこと。
上記に書いたように腎臓などの臓器に負担を与えてしまい逆に重篤化することもあります。少量をこまめに、が大事です。

【冷やしすぎない】
体温を下げるには冷たいものを・・・と思いがちですがこれは間違っています。
冷たい飲みは身体を冷やしすぎてしまったり胃腸に負担をかけてしまいます。
熱中症対策としては5~15度くらいの常温のものがいいでしょう。

【塩分と糖分が適切に含まれたものをのむ】
熱中症対策で大事なのは水分だけではなくミネラルです。
人は汗をかくとミネラル分が不足するので糖分と塩分が適度に含まれた飲み物が理想的です。

ミネラル分の含まれてないお茶やコーヒーなどは不向きでしょう。
市販のスポーツドリンクなら体内と同じ元素が含まれているのでお勧めです。

関連記事はこちらからご覧ください

かくれ脱水は危険信号!脱水になる前に脱水症の予防法を知りましょう

夏冷え症状とは?原因と対策で暑い夏を快適に過ごしたい!

日傘は完全遮光とUVカット99%どちらが良いの?日傘を選ぶポイントは?

初夏とはいつからいつまで?立夏との違いは?盛夏の時期は?

日焼け止めの使用期限は?未開封の期限はどのくらい?1年前の使用済みはNG ?

夏バテ防止!食べ物で体力アップできるものとは?夏は積極的に食べて欲しい4つ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?これからまたまだ暑くりなります。
夏に熱中症にならないためにも常温の水を飲むように心がけてみてください。

【スポンサードリンク】

こちらの記事も一緒に読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ